そびえるアルプスの山々、緑の森、なだらかな草原、そして湖・・・・・。
ここは美しい南ドイツ。そこに、仲のいい家族が住んでいました。

お父さんと子どもたちはいつも畑に出て、朝から夜まで働きました。
お母さんは家で料理を作り、パンを焼いてみんなに食べさせていました。
お母さんの料理も、パンも、なんとそのおいしいこと!
子どもたちのひとりに、フリーダーという男の子がいました。
彼は畑で働くことよりも、お母さんのパン作りを手伝うことに夢中になってしまったのです。
来る日も来る日も、フリーダーはパンの粉をこね、いろいろなかたちに作っては、それを焼きました。
「おまえの焼くパンはたいしたものだ」ある日、お父さんが言いました。
「修道院でもっと修行するがいい。きっとりっぱなパン焼きになるにちがいない。」(つづく)

Presented by Linde